新入部員自己紹介8

こんにちは!一橋大学経済学部の大原愛美が書きます。

私の出身地は広島県の熊野町というところです。そうです、筆の都熊野町です。「出身地どこなん?」と聞かれて「筆の都熊野町だよ」と答えてもあまり通じないのに「有吉の出身地だよ」と言うと通じるのが少し悲しいです。200年程の歴史をもつ筆作りの伝統が芸歴24年の芸人有吉に負けるのはちょっと悔しいです。何はともあれ熊野町、そして広島県は自然豊かだけど適度に都会な自然災害の少ない良いところなので是非おいで下さい。

私は5歳の頃から小学5年生の頃まで地域のスポーツ少年団で和道流空手をやっていました。始めた当時は兄がやることを全て真似したかった時期なので兄の付属品みたいな形で入団したのですが、そんな経緯で始めた空手を本気で楽しめるはずがなく、足の裏が痛いだの防具が臭いだのしょうもない理由をこじつけて親に辞めたいと嘆願してました。黒帯をとったら辞めてもいいと親に言われ、やっとのことで黒帯を獲得し念願叶って辞められたのですが、辞めた後に親や友達にもったいないと言われ続け、それもそうだと思い大学で空手をまた始めることにしました。松濤館空手、かっこいいですね。

大学生になってからズバズバ発言してきて怖いだの、イケイケそうで怖いだの言われることがありますが(主に空手部で)、幼い頃から高校生の頃までそんなこと言われたことはなく、むしろおこちゃまで小学四年生みたいだとだ言われ続けてきました。その証拠に大学生になってから既に4回も補導されそうになりました。ですのでおこちゃま扱いしてくれて大丈夫です。仲良くしてください。

次は青森の妖精、村本さんお願いします。
スポンサーサイト

新入部員自己紹介7

こんにちは!
津田塾大学国際関係学科の 松井みのり です☺︎
名前は平仮名で書きます、実は母方の曾祖母・祖母・母・妹は皆名前が平仮名または平仮名を含んでいます!
最近は、部活帰りに国立住みの同期のお家に寄るのが、いちばん楽しいです(^^*)


私は宮城県仙台市出身です!
転勤族だったため、千葉県や北海道など転々としましたが、今は東京の実家で暮らしています…
同期は関西方面出身が多いため、会話では関西弁や方言がとびかっています、
そんななかで過ごしていたおかげか、最近高校の友人から「みのり、なんか訛ってるね」と言われてしまいました(^^;)


私は、小学1〜4年まで空手(和道流)をやっていました。
引っ越しと同時にやめてしまったことを今ではすごく後悔しています(泣)
中学高校ではソフトテニス(ソフテニ)部に所属していましたが、あまりのゆるさに文化部と同じ扱いを受けるという前代未聞の経験をしてきました( ̄∇ ̄)
ソフテニ部に入部した1年生の多くが、「ゆるくて楽そうだったから」「私でもイけそうな感じだったから」という理由でやって来たので、文化部と言われたのも今考えれば致し方ないのかもしれません😂


そんななかで再び空手を始めようと思ったきっかけは、そろそろソフトテニスではない他のスポーツをやりたいなと思ったこと、道着を着ることに憧れを抱いたこと、そして中途半端でやめてしまった空手をもう一度やってみたいと思ったこと、でした .•*
松濤館流は和道流とは全くといっていいほど違って最初こそ驚きましたが、先輩方に教わりながら、一生懸命精進したいと思います!


次は、元気でおしゃべり好きな 愛美 お願いします!

新入部員日記6

タイ合宿お疲れ様でした!帰省で五ヶ月ぶりに会った愛犬に冷たくあしらわれている江田朝陽(あさひ)が書きます。

出身地は細川先輩と同じ神戸です。しかも小学校も同じで実家も徒歩5分ほどの近さです!来年の新歓期も是非とも御影北小学校の卒業生をゲットしたいところです。

僕は身長が低いこともあり、両親がいじめられないようにということで、幼稚園から極真空手の道場に通っていました。しかし小学校の頃は正直、空手が好きではなかったです。いつも組手の度に「なんで知らんやつと殴りあわなあかんねん」「両親は呑気に応援してるけど、どんだけ痛いか知らんやろ」など思いながらやっていました。小学校5年の冬、受験勉強を本格的に始めたきっかけも空手を辞めたいということも理由の一つでした。

そんな僕が格闘技をもう一度やろうと思ったのは高校一年の冬でした←意外と早い。そのきっかけは有名な格闘技漫画「刃牙」の毎回、アニメの始まりに流れるセリフに感化されたことです。

まぁ、最初見たときは??そんなん思うやつなかなかおらんやろ??みたいな感じでしたが、強さを求める登場人物らに魅せられより実践的な武術をしようと日本拳法を始めました。

大学ではボクシング部か空手部か迷っていたんですが、空手部の雰囲気が気に入り空手部にしました。寸止めが初めてなので不安ですが、国内合宿での自由組手は楽しみです。

次は津田塾の松井さんお願いします。

新入部員自己紹介5

次はモスクワ出身のティムールが書きます。

僕はモスクワに生まれて育ったのですが、完全にはロシア民族ではありません。母親はカザン出身で、タタール民族なのです。ですから、僕の中にヨーロッパ人とアジア人の血が流れています。しかし、ハーフとはいえ、タタール語は話せません…ただ、カザンには3回行ったことがあって、とてもきれいな町なので、旅行に行くのがおすすめです。

学校の話をする前に、ロシアの制度を簡単に説明させていただきます。日本の633制に対して、ロシアの制度は452制です。しかも、ずっと同じ学校に通う人が圧倒的に多いです。僕の中高は英語学習を中心とした学校でした。Linguistic Centerという名前がついていて、英語と第2外国語以外にも自主的に4か国語を選ぶことが可能な学校だったのです。

僕は外国語に興味がありますし、アニメや映画も大好きです。『ハリー・ポッター』や『指輪物語』のような小説が気に入っていて、自分でファンタジーものをたまに書いてみます。それに、自然での散歩や自転車にも興味があります。海で泳ぐのも好きです。

日本に来て今年で2年目になります。去年の4月に日本に来たのです。しかし、皆さんの会話にはまだなかなか突っ込むことができません。とはいえ、皆さんに優しく会話をしてもらっていますので、とてもありがたいです。皆さんのおかげで日本語の能力が上達している気がします。

空手道部に入るきっかけは主に1つあります。それは日本と関係のある運動をしたかったからです。もちろん、体育系の部活は厳しいとかは聞きましたが、やってみようかなと思って入部しました。しかし幸いにも、部活は予想以上のものでした。積極的に話しかけられたり、食事に誘われたりすることがたくさんありました。空手道部の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいものです。いい仲間になれたと僕は思いました。これからもよろしくお願いします。

次は、兵庫県出身の商学部同士の江田くんにお願いしたいと思います。

新入部員自己紹介4

期末お疲れ様です!次の部員日記は発表続きで正気を失いつつある高が書きます!

1人だけ四捨五入三十と全く新入生じゃない新入部員ですが、先輩も同期も優しくて本当に感謝です。ただポケモン金銀の話をした時に?という顔をされた時はちょっとショックでした…これがジェネレーションギャップ…

最新作のナッシーとダグトリオの姿には悲鳴を上げましたがポケモン大好きです!ゲームはXYまでプレイし、序盤のミアレシティで積みました。なぜならプラターヌ博士から託される初代御三家を選べなかったからです。最初のパートナーでフォッコを選んだのでフシギダネかゼニガメを選ぼうと思っていたのですが、ヒトカゲに見つめられると駄目でした…ヒトカゲがいるのに他の子選べない…いやでもダブル炎ポケ…いやしかしヒトカゲ…と選べないまま気づけば3年が過ぎていました。
このままヒトカゲを選んでリーグ制覇の旅に出たいですが、チャンピオンの称号を手にしても発表免除の優待は得られないそうなので、いいかげん現実を見て勉強したいと思います…

次は文武両道のティムール君お願いします!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
過去の記事
カテゴリー
プロフィール

部員

Author:部員
ホームページトップへ戻る

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
検索