新入部員自己紹介11

更新大変遅くなり申し訳ありません。今回書くのは最近一橋の「あるもの」に苦しんでいる芝野佑太です。いや、もう、ほんまなんやねん、あの大量の銀杏(#^ω^)ビキビキ

中高は大阪星光学院という男子校で過ごしました。出身は大阪府枚方市です。ここは大阪と京都のちょうど間にあって、どっちにも行きやすいので便利です。さらには大阪が誇る遊園地「ひらかたパーク」があります。ひらパーは日本で最も古くから続く遊園地であり、なにしろ現在はあのV6の岡田准一が「超ひらパー兄さん」を(ry まあ、U○Jなんかよりひらパーに彼女さんを連れていくことを先輩方にはオススメしたいですね。どうなるかは知らないです。(変な書き方をしてしまいましたが、ひらパーは楽しいので是非行ってみてください。僕はスケート場として利用しました。)

僕が一番好きなのはスポーツ、特にバスケとサッカーの観戦です。もうめちゃくちゃ好きです。MLBとかNFLも詳しくなりたいと思ってます。しかしながら、下宿先ではBS等の契約してないため試合をフルで見れていません。DAZNとかは多分僕にとって最高のコンテンツなのですが、お金を稼がなければならないのが辛いところです。

また、僕はひとりで部屋でごろごろするのも大好きです。ただ、人生で最高に自由であろう今の時期に、引きこもってぐうたらするのは勿体ないとも思っています。一人旅なんかは面白そうだなぁと感じているので、参考になる話を色んな方から聞けたら嬉しいですね。

空手部に入った理由についてですが、高校の頃にふと自分に何も自信を持てるものがないと感じ、せめていざという時にケンカできるようになりたいと思い、ガキんちょの頃に2年だけ空手をしていた(習ったことは全て忘れました)こともあって、大学では空手をやってみようかと元々考えていました。入試に合格した後は様々なスポーツを調べましたが、実際に空手部の先輩方と会い、練習を体験させてもらって凄く良い印象を受けたので入部させてもらいました。ただ、早々に入部を決めた後、ほかの団体の新歓に全然行かなかったので、もっとちやほやされておけばよかったと少し後悔しています。

空手部に入ってもうすぐ半年になりますが、僕はまだまだ何もできるようになっていないので、もっと努力して基本からしっかり身に着けていきたいと思います。

最後?は新加入・高村選手、お願いします。



スポンサーサイト

新入部員紹介10

かわりまして4年後には現主将を超えるような楽しいメニューを編み出そうとしてるだけなのに脳筋などと揶揄されている東京農工大学農学部共同獣医学科1年、秦太一が書きます。

出身は石川県金沢市です。リアルに地元愛というものがないため紹介することは何もありません。ただ大雪国に住んでいながらソリを除いてウィンタースポーツは一つもできないことだけ言っておきます。ただ普通の球技系スポーツはめちゃ好きなので空手部内でイベントとしてやれたらなと思ってます!

好きなことは空手はもちろんとして音楽を聴いて歌うことです(今、これを見ながらI先輩はキモいとつぶやいたでしょうが)。広く浅く聴くので、ジャニーズ含めたJポップから邦ロックと多岐に渡ります。その中で詳しいのはBUMPとワンオク、Alexandros、嵐、福山雅治、スピッツですかね。オススメ等あったら是非…

空手部に入部したのは高校で週2しかさせてもらえなくてガチで大会目指してっていうことができなかったので大学でガチでやろうと思ったからです。自分の大学には松濤館空手部がなかったので頑張って一橋大学を見つけました。他大からおしかけたというのに暖かく迎えてくださって正直即決で入ろうと思いました。ただ、当時四方田先輩だけがなぜか僕に怖い顔で冷たく他大の人がここで部活をする厳しさを説いてきてて、入決コンパでイジられキャラと聞いたときはホントに?でした。今では好きな先輩の1人ですが(笑)ここで先輩方にしっかり言っておきますが僕と一緒に来た女子は彼女とかではありません。証拠にその子は今僕の友達とつき合っています。

今は最高の設備で空手ができる空間にとても満足してます。形だけでなく組手も強くなって個人で出られる大会に出て少しでも勝てるようにしたいです。改めてご指導のほどよろしくお願いします!

次は ヘイ!ミスター四方田! で有名なミスター芝野お願いします〜

新入部員自己紹介9

こんにちは!国内合宿お疲れ様でした!次は密かに夏休みの練習皆勤を目指している村本花菜(はな)が書きます。

出身は青森県八戸市で出身高校は八戸高校です。大学に入って青森県出身と言うと「リンゴ」とか「訛りあるの?」とかよく言われますがりんごが有名なのも訛りが強いのもついでにねぶたがあるのも雪がひどいのも、青森の西側(いわゆる津軽地方)で、八戸はイカでアイデンティティを保ちつつ、岩手の文化を根強く受けているような場所なので、多くの人が想像するような青森っぽさは少ないのかなと思います。

私は今までの人生全て共学で過ごして来ましたが、中高ではリアルに数える程しか異性と会話しておらず(LINEもほぼしていません)、入学当初周りに男子の方がたくさんいるという状況に絶望しました。新歓合宿で富士急を一緒にまわる男女混合班(3:1)を組まされた時はナンナンダヨと思いました。そんな私ですが最近やっと慣れて人並みに話せるようになってきて、自分でも成長を感じます。何が言いたかったのかと言うと共学に幻想を抱いている男子校、女子校出身の方に、共学でも大して変わらない奴もいるということです。また男子だけでなく基本的にコミュニケーションが苦手なので初対面の人とあまり喋れないし、仲良くなった人にも後から最初はこの子やばい子だと思った笑とよく言われます。でも人と話すのは好きなので先輩方や同期に積極的に話しかけていきたいです。

空手は高校の部活動でやっていました。大学ではゆるく生きていこうと部活には入るまいと思っていましたが、やっぱり4年間何か打ち込めるものをしようと思い直し少し遅れて空手部に入部しました。入部の決断を引き伸ばして先輩方には迷惑をお掛けしてしまったのは本当に申し訳なかったです。高校時代苦戦した空手を続けるということは大変だと覚悟しているので、すぐにはうまくならなくても諦めずに頑張ります。ご指導よろしくお願いします。

自分でも何を書いているのかよくわからなくなったし、果たしてこれは自己紹介なのか...と思いますがこれくらいにしておきます!

次は脳筋お花畑の秦君にお願いします。




















新入部員自己紹介8

こんにちは!一橋大学経済学部の大原愛美が書きます。

私の出身地は広島県の熊野町というところです。そうです、筆の都熊野町です。「出身地どこなん?」と聞かれて「筆の都熊野町だよ」と答えてもあまり通じないのに「有吉の出身地だよ」と言うと通じるのが少し悲しいです。200年程の歴史をもつ筆作りの伝統が芸歴24年の芸人有吉に負けるのはちょっと悔しいです。何はともあれ熊野町、そして広島県は自然豊かだけど適度に都会な自然災害の少ない良いところなので是非おいで下さい。

私は5歳の頃から小学5年生の頃まで地域のスポーツ少年団で和道流空手をやっていました。始めた当時は兄がやることを全て真似したかった時期なので兄の付属品みたいな形で入団したのですが、そんな経緯で始めた空手を本気で楽しめるはずがなく、足の裏が痛いだの防具が臭いだのしょうもない理由をこじつけて親に辞めたいと嘆願してました。黒帯をとったら辞めてもいいと親に言われ、やっとのことで黒帯を獲得し念願叶って辞められたのですが、辞めた後に親や友達にもったいないと言われ続け、それもそうだと思い大学で空手をまた始めることにしました。松濤館空手、かっこいいですね。

大学生になってからズバズバ発言してきて怖いだの、イケイケそうで怖いだの言われることがありますが(主に空手部で)、幼い頃から高校生の頃までそんなこと言われたことはなく、むしろおこちゃまで小学四年生みたいだとだ言われ続けてきました。その証拠に大学生になってから既に4回も補導されそうになりました。ですのでおこちゃま扱いしてくれて大丈夫です。仲良くしてください。

次は青森の妖精、村本さんお願いします。

新入部員自己紹介7

こんにちは!
津田塾大学国際関係学科の 松井みのり です☺︎
名前は平仮名で書きます、実は母方の曾祖母・祖母・母・妹は皆名前が平仮名または平仮名を含んでいます!
最近は、部活帰りに国立住みの同期のお家に寄るのが、いちばん楽しいです(^^*)


私は宮城県仙台市出身です!
転勤族だったため、千葉県や北海道など転々としましたが、今は東京の実家で暮らしています…
同期は関西方面出身が多いため、会話では関西弁や方言がとびかっています、
そんななかで過ごしていたおかげか、最近高校の友人から「みのり、なんか訛ってるね」と言われてしまいました(^^;)


私は、小学1〜4年まで空手(和道流)をやっていました。
引っ越しと同時にやめてしまったことを今ではすごく後悔しています(泣)
中学高校ではソフトテニス(ソフテニ)部に所属していましたが、あまりのゆるさに文化部と同じ扱いを受けるという前代未聞の経験をしてきました( ̄∇ ̄)
ソフテニ部に入部した1年生の多くが、「ゆるくて楽そうだったから」「私でもイけそうな感じだったから」という理由でやって来たので、文化部と言われたのも今考えれば致し方ないのかもしれません😂


そんななかで再び空手を始めようと思ったきっかけは、そろそろソフトテニスではない他のスポーツをやりたいなと思ったこと、道着を着ることに憧れを抱いたこと、そして中途半端でやめてしまった空手をもう一度やってみたいと思ったこと、でした .•*
松濤館流は和道流とは全くといっていいほど違って最初こそ驚きましたが、先輩方に教わりながら、一生懸命精進したいと思います!


次は、元気でおしゃべり好きな 愛美 お願いします!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
過去の記事
カテゴリー
プロフィール

部員

Author:部員
ホームページトップへ戻る

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
検索